糖尿病患者必見!バレンタインチョコを作ろう

日本では、成人病と言われる疾病を抱えている方が大勢います。そのなかでも約5000万人が罹患をしているというのが、糖尿病です。1990年以降から多くの方が発症をしており、いまでは子どもでもこの病と闘っているほどです。病気の原因となるのは、ジャンクフードを長期間食べ続けることが原因となるのがポイント。

ハンバーガーからポテト、ドーナツなどでお腹を満たしていると、必ず罹患をします。一度発症をすると自由に好きなものを口にすることもできず、長期間の闘病生活が待っているので覚悟を決めないといけません。父親が糖尿病を発症してしまったけど、毎年あげているバレンタインチョコをまた渡したいという方も多いものです。その際は、病人向けのバレンタインチョコを自作することをおすすめします。

チョコレートは一見すると甘くて身体によくない菓子のように見えますが、実はガーナではお薬としても重宝をされている品です。カカオは血糖値を下げる役割を持っており、一日10グラム程度を食べるといいと厚労省では見解を述べられている食品です。いまではGABAも注目をされていて、トクホに指定をしされた品もあるほど。バレンタインチョコはそのままの形だと、砂糖が多く含まれているので、血糖値を上昇させてしまいます。

手作りをするときはまず、オーブンで2時間じっくりと加熱をして一度粉末にするのがコツです。あとは水を加えて液状にすれば体に優しいバレンタインチョコに早変わりです。バレンタインチョコのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*