バレンタインチョコは時代と共に変化している

2月14日が近づいてくると、男性も女性も特に若い人たちはソワソワすることもあるでしょう。バレンタインデーというイベントがあるからです。しかし、バレンタインチョコを贈るのは日本だけと言われています。海外ではチョコレートではないのです。

なぜ、バレンタインチョコを贈るようになったのかは諸説あります。例えば、菓子業界がチョコレートを売るために仕掛けたという説もよく取り上げられており、最近は友達や自分のためにバレンタインチョコを買い求める人も増えてきています。バレンタインデーは時代と共に内容が変わりつつあると言えるでしょう。初期は当然、女性が好きな男性に贈るというものでした。

それがだんだんとお世話になった人へ贈るという風潮になってきたのです。会社で上司にプレゼントするところもあるでしょう。これは本当に好きという気持ちではないので、義理チョコになります。本命チョコは彼氏や夫などにプレゼントするというわけです。

ここ数年は女性同士で交換することも増えてきています。これがいわゆる友チョコです。友達に贈り合って、いろいろなチョコレートを楽しむのです。友達が居ないという人も最近は増えてきていることもあり、自分へのご褒美として自分チョコやご褒美チョコを購入する人も居ます。

この場合、いつもは食べないような高級チョコや珍しいチョコを奮発することがよくあると言われています。このように、時代と共に変化してきているバレンタインチョコは毎年2月の恒例行事です。バレンタインチョコのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*