子どもと楽しめるバレンタインチョコ

バレンタインチョコを子どもと手作りしたいけれど、失敗はできるだけ避けたいという場合には市販のお菓子を飾り付けするという方法があります。市販のお菓子をチョコペンなどで飾るだけでも、バレンタインチョコらしい華やかさを出すことができます。やり方は簡単でチョコレートを割り入れて耐熱ボウルに入れて湯煎で溶かし、別の耐熱ボウルにお湯とチョコペンを入れて溶かします。ビスケットに溶かしたチョコレートを乗せて広げ、固まらないうちにチョコペン・ミックスナッツ・フリーズドライのフルーツ・アラザン・カラフルスプレーなどで、飾りつけしていけば完成です。

バレンタインチョコを作るのであれば、タルト生地にテンパリングのいらないチョコを入れ、果物などで飾り付けしていくというのも良いとされています。注意したいのが、チョコペンには速乾と柔らかいタイプの二種類があるという点です。描いたあとにすぐに固まる速乾のものはチョコレートに飾りを描くのに向きます。柔らかいタイプは描いた後すぐに固まらないため、クッキーなどにお絵描きしたりするのに向いているため、描くもので使い分けることがおすすめです。

カップケーキを用意したら小さめのクッキー型を使ってハートにくり抜き、その部分にチョコペンを絞るというやり方であれば子どもでも気軽に作れます。小学生の子どもであれば少し難しい手作りに挑戦してみる、というのも親子で楽しめるバレンタインにつながります。バレンタインチョコのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*